札幌で小顔矯正,輪郭整体,たるみ,むくみ,猫背頭痛、顎関節症の改善なら札幌駅前整体サロンアトレ

小顔輪郭矯正/猫背頭痛 
専門サイトアトレ

北海道札幌市北区北7条西2丁目6番地 37山京ビル722号
(地下鉄札幌駅・JR札幌駅北口から徒歩1分)

お問合せ・ご相談はこちら

施術中はすぐにお電話に出られない場合もございます。

着信がありましたら、折り返しお電話させていただきますので、よろしくお願いいたします。

011-788-4731

雨とむくみの関係

雨とむくみの原因と対策

雨の日にむくみが酷くなるという人が、けっこう多いようです。

脚や手や顔などがパンパンになって、痛みを伴うこともあります。

天気の変化は我々の体調と、驚くほど密接な関係があります。

ここでは、雨の日にむくみが酷くなる原因と対策を、探っていきます。

 

雨の日にむくむ原因とは?

雨の日にむくみが酷くなる原因は、低気圧が関係しています。

雨の日には低気圧に覆われて、気圧が下がることで、むくみが酷くなります。

まず気圧が下がると、体の中の血管は拡張します。

ポテトチップスを持って登山すると袋が膨らむという話は聞いたことがあると思いますがそれと同じ原理が体にも働きます。

このとき血液中の血漿が、血管からにじみ出てきます。

血漿というのは約90%が、水で構成されています。

ですから血漿が血管からにじみ出ると、細胞間の水が増加した状態になり、むくみとなります。

これが雨の日に、むくみが酷くなる原因です。

 

雨の日にむくみがひどくなる対策とは?

 

気圧の変化でも、みんなにむくみが出るわけではありません。

元々むくみやすい体質があるからこそ、雨の日にむくみが出やすいのです。

むくみが出た時だけ、マッサージなどをして対策するよりも、日頃からむくみが出にくい体質に、改善していくことが大事です。

 

むくみやすい体質の人は、血流が悪い人が多いのです。

デスクワークや立ち仕事で、同じ姿勢を長時間している人に、むくみが出やすいのも、血流が悪くなるためです。

体に溜まった余分な水分や老廃物は、静脈やリンパ管に運ばれます。

しかし血流が悪くなると、水分や老廃物が溜まっていき、むくみとなります。

特に脚がむくみやすいという人は、第二の心臓と言われているふくらはぎを、動かすようにします。

 

筋肉が動きのポンプ作用により足の血流を心臓に戻す働きをしているので、ふくらはぎの運動はても重要なのです。

できれば立ち上がって、しばらく歩いて足の運動をすることがオススメ。

それが出来ない場合は、座ったままでもいいので、足首をグルグルと回して下さい。

こうするとふくらはぎの筋肉を、収縮させることができます。

またお風呂に浸かるのも、血行改善には効果的です。

お湯の温かさと、適度に水圧がかかることで、血行を促進してくれます。

 

当店では下半身ダイエット整体で肋骨~骨盤~足までの骨格を矯正し、血流やリンパの流れを良くし老廃物が流れやすい体を作ることでむくみにくい体質になるようお手伝いしています(^^)